ピルの個人輸入の利便性

2019年09月25日
カプセル

女性であれば避妊の一環としてピルを利用する事もあります。
一般的な入手方法としては、病院で診てもらってから処方してもらう事になるのですが、これが意外に高いのです。
平均的な価格としては、一か月分の1シートが約2~3000円ほどになりますが、それにプラスして診察料もかかります。

個人輸入を利用する場合だと、このピルの値段はぐっと安くなります。
種類にもよりますが、大体1~2000円ほどです。
ピルも長く服用する場合だと、ちょっとした値段の差でもかなり高く感じてしまうものです。
それに、いろんな種類を取り扱っていますので、自分が病院で処方してもらったものと同じものを個人輸入で手に入れる事もできます。

一般的なネットショップとどう違うのだろうかと思うかもしれませんが、代行業者もたくさんありますので口コミや支払い方法など使いやすそうなところを探してみて下さい。
殆どの代行業者がネットショップと同じような感覚でショッピングができるようになっていますので、欲しいと思ったピルを注文するのもとても簡単です。
とは言え、輸入になりますのである程度届くまでに1週間から10日ほどはかかると見ておいてもいいでしょう。

ピル自体も改良が重ねられていて、今は第4世代のものにも注目が集まっています。
よく処方されるのは第2世代や第3世代のタイプになりますが、大体どこの代行業者でも取り扱いが多いピルとなりますので、よく値段などを比較しながら利用するショップを決めましょう。
値段も病院よりかなり安くなりますので、個人輸入を使っていく事で薬代もかなり抑えていく事ができます。
しっかりと利用するピルとショップを決めて、個人輸入を使いこなしましょう。