• ホーム
  • ピルによるリスクと免疫賦活のメリット

ピルによるリスクと免疫賦活のメリット

2019年09月27日
カプセルのケースと葉

ピルを飲み続けていると女性特有の一部の癌のリスクが高まるとされているのですが、これを防ぐために免疫賦活剤を同時に飲むことにはメリットとデメリットがあります。
免疫賦活剤は健康食品を体内に取り込むことで自分の力で免疫力を高めるというもので、体の細胞を活性化してがん細胞ができにくい体質にする目的で使用されます。
免疫賦活剤のデメリットとして考えられているのが、効果を実感しにくいというものがあり、そのために継続的に健康食品などを摂取するのをやめてしまう場合があります。
低用量ピルの場合は一部のガンのリスクを減らす効果があるとされているのですが、ピルの用量や種類によってはリスクが高まる場合もあります。
女性ホルモンの分泌に関わる薬なので、女性器周辺の期間に対してはある程度の負担が生じる場合があるので、多少のリスクが存在しています。

ピルは世界で1億人以上の女性が服用している薬なので副作用などに関してのデータも数多くあります。
中でも注目されているのが血栓症のリスクで、低用量ピルを服用していても10万人に150人の割合で血栓症の副作用が出ているので、糖尿病の患者や喫煙者には処方がされない場合もあります。
もともと血栓症のリスク要因がある女性にピルを処方してしまうと死亡リスクを高める結果となるので、これらの女性が避妊をする場合には男性に避妊具の装着をさせるなどの対処を必要とします。
ピルは女性の生理を軽くするというメリットがあるので、月経過多の女性などが服用していることも多いのですが、飲み忘れをすると生理でもないのに性器から出血をすることがあるので、注意をしなければなりません。
飲み忘れに気がついたら24時間以内ならば対処することができます。